アダルトや出会い系での架空請求などトラブル対策

アダルトや出会い系での架空請求などトラブル対策


出会い系に限らずネットのサービスを利用するのに心配なのが架空請求などの被害です。
アダルト動画などに多いと言われるワンクリック詐欺や架空請求ですが出会い系も人には相談しにくい傾向があるので悪徳な業者が絡んでいる場合があります。


エロ動画などは会員登録はしないでサイトに行けばすぐにお気に入りの動画が再生されて視聴できると思います。
そして画面に突然お金を支払うようなコメントが表示されます。
パソコンの情報なども画面に表示されるのでちょっと怖く感じてしまいます。
IPアドレスなどが画面に表示されて保存されましたとか書かれていますがIPアドレスからアナタの名前や住所、電話番号など個人情報は絶対に分かりません。


また、メールアドレスを登録して会員になってサービスを利用する場合はメールで送信されて来ることがあります。
内容は身に覚えのない請求書です。
この場合もアナタのメールアドレスくらいしか相手は分かっていないのでフリーメールでなくてもプロバイダの個人用のメールだとしても安心して下さい。
なので相手をしないで削除して迷惑メール防止機能で今後のメールをブロックして下さい。


もし最悪な事に名前や住所などを入力して使うサービスを利用した際に悪質なサイトだった場合は自宅住所にハガキや封書が送られて来るかもしれません。
自宅に届くと流石に不安になってしまいますよね。
住所がばれているので家に来たらどうしようと不安になってしまいます。


しかしこの場合もアナタは何も悪い事をしていないので無視するようにして下さい。
決して電話したり相手にしたりしないようにしましょうね。


利用するのに本名や自宅住所などの記入は基本的にありません。
もし不安でしょうがない場合はお近くの消費者センターにメールで相談してみてはいかがでしょうか。
家族や友達に言いにくい被害なので一人で悩まずに消費者センターに相談する事をお勧めします。

仮想空間を利用したウェブ出会いの全貌


仮想空間を用いたウェブの出会いを利用する時は、プロフィール写真を登録する事で出会えるチャンスが広がります。
素性の知らない人と会うのを恐れる人が多いので、なるべくサングラスや写真加工で顔が分からないようにした写真は使いません。
顔がはっきりと分かる写真を選び、連絡を取り合う相手も写真を載せている人が安全です。


男性は肉体関係だけを目的としている場合があるため、親しくなったらLINEなどで探りを入れて、真剣な交際を考えているか見極めます。
すぐに会ってしまうと肉体関係だけ迫られて捨てられる可能性があります。


これは健全な運営を行っている場合でも発生するリスクですが、悪質な出会い系サイトは男性も注意しなければなりません。
悪質になると一般女性のフリをして、仕事で雇われたいわゆるサクラが混じっていることが多いです。


IPアドレスなどをしっかり管理することで、サクラが利用できないようになっています。
しかしシステムが脆弱だと、サクラと利用者の男性が連絡をとるようになってしまい、他のサービスに誘導し多額の料金を請求されるケースがあります。
出会いを求める気持ちを利用した犯罪も多いため、実際に会う相手や利用するサイトは注意して選びます。